最初から薬剤師として働いてた

user-pic
0
私は物心ついた頃から勉強をしていました。やはり幼少期から勉強をすることはとても素晴らしいことなんだってその時に気付くことになったんですよね。しかし、これって後々に考えることとしては、素晴らしい勉強になっているんじゃないかって感じることが出来るようになったんですよね。だって子供の頃から勉強をすることは、頭の吸収が素晴らしいときにしているってことになるんですからね。

そして努力は裏切らないということも自分は気付いています。そしてそれを実践しようと取り組んでいるのです。そこをどのように把握することができるかによって、人生の選択肢というのは大きく変わってくるんじゃないかって思うようになってきているのです。それがどんな結果になるかまではその時は分からないものですよね。人生はトンネルとして考えることができます。

長いトンネルを抜けた先にどんな景色が広がっているかは分かりません。ですが、そのトンネル内で暗くて怖くて逃げ出すことになってしまえば、違った景色になるでしょう。薬剤師として働くことを夢見ている私にとって、それはあまりにも考えたくもないことです。こうして、薬剤師の勉強をして、薬剤師として働いている自分にどこか、誇りを感じていますね。日々の努力は大事です。大阪の薬剤師の募集先でも探そうか。

このブログ記事について

このページは、まなかが2014年7月17日 14:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「看護師さん夫婦の仲」です。

次のブログ記事は「娘と二人三脚のFX」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク